PC初心者でも自作PCは可能です

パソコンはスイッチを入れるだけで使える代物ではありませんので、なんとなく敷居が高いイメージがあります。

しかし、システムエンジニアを目指すのでもなければ誰でも簡単にPCを操ることは可能です。確かに、プログラミンングは英語のスペルが並んでいますし、それ以外に難解なルールがありますので敷居は高いです。プログラミングに挑戦した人の中には途中で挫折する人もいますから簡単ではありません。しかし、パソコンを動かすだけなら誰でもできます。そして、さらに言ってしまいますと、パソコンを自分で組み立てることも誰でもできます。このように言いますと驚く人がいますが、この話のミソは「組み立てる」ところです。

「作る」のではなく「組み立てる」だけですので簡単なのです。ほとんどの男性は小さい頃にプラモデルで遊んだ経験があるはずですが、それと同じです。ですから初心者の自作PCは可能なのです。もしかしたなら初心者のほうが自作PCに向いているかもしれません。余計な先入観がない分、素直に作業に取りかかれるからです。基本的に自作PCで行う作業は部品を所定の位置に取り付けることとそれらをつなげることです。プラモデルと全く同じで、考えようによっては高度なプラモデルよりも簡単かもしれません。

プラモデルの高度なものになりますと百点近い部品がありますが、PCの場合はもっと少ない部品の数だからです。そのうえ、ネットをはじめとしたいろいろなところに初心者でもできるように丁寧な説明があります。もちろん部品を販売している業者にも初心者用のマニュアルがあるのが普通です。一度は、初心者も挑戦する価値があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *