初心者でも自作PCは作れる?

自作PCとは、パソコンに使われるパーツを購入して、それを組み立てて作り上げるパソコンのことです。

パソコンの種類としてはメーカーが製造しているものと、パーツを組み合わせて販売しているBTO(受注生産)があり、自作PCはBTOで行われることを自身で行います。メーカーにしてもBTOにしても大量に生産してコストを下げため、使用できるパーツが限られるのに対して自作PCではすべてを利用者が求めるものに出来るのが大きなメリットです。反対に昔は自作PCといえばメーカーのものよりも安くするために行われてきましたが、現在では費用は掛かるものの最高のパフォーマンスを得るために行われるケースが多くあります。

初心者でも自作PCは作れるのかといえばそれは可能です。基本的には規格通りのものを組み合わせるだけで配線をセットするだけですから、マニュアルがあれば簡単に行うことができますし、初心者向けのサポートを行っているお店もあります。基本的にパソコンの構造は、PCケース、マザーボード、CPU、メモリー、ハードディスク、SSD、光学ドライブ、電源、グラフィックボード、そしてそれらを収めるPCケースです。

また入力装置としてマウス・キーボードが必要で画面を表示させるディスプレイも必要です。またパソコンを動かすためのOSをインストールしなければなりません。初心者が戸惑うところは、機器の規格の整合性です。すべてをバラバラで購入するさいには取り付けが可能なパーツであるか確認する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *