自作PC初心者の方が知っておきたい基本パーツ

自作でPCを作るメリットは自分の目的に合ったパソコンに仕上げる事ができる点や、通常に購入するよりも安くできるという点があります。

初心者の方にとっては自分で組み立てる事は難易度が高いと感じるかもしれませんが、それほど難しい事ではありません。まずは基本的な部品の事などを知っておいて確認しましょう。自作PCで必要となるパーツを見ていくとまず挙げられるのが「PCケース」です。これは中のパーツを入れるための物で、内部を保護する役割も果たします。パソコンの基盤である「マザーボード」も必要で、これは内部のパーツを繋げる役割となります。そしてパソコンの頭脳ともいえる部分が「CPU」で、目的に応じてスペックを決めましょう。

内部のストレージに必要なのが「HDD」で、データの読み込みや保存に使用します。最近では処理能力のスピードが速い「SSD」の普及も多くなっていますが、まだ高額な商品も多いので予算に合わせて検討すると良いです。ソフトなどの演算処理を行なう役割が「メモリ」となりますが、初心者で自作PCを組み立てる場合には8G程度の容量がおすすめです。動画の編集や、ゲームでの用途が増えるようであればメモリの増設をします。外部に接続する「モニター」は好みによって画質やインチ数などを選びましょう。

おおむねこのような部品が自作PCに必要となる基礎の部分です。追加してキーボードやマウスなどの周辺機器や、スペックをアップするためのグラフィックボードなども必要に応じて足して行くと良いです。初心者の段階では基本を把握する事で、スムーズに自作する事に繋がるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *